スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際興業バス 飯能営業所の話題

いすみツアー第二弾をすっぽかして、バスの話題なう。

本日より、国際興業バス飯能営業所に所属する復刻旧塗装バスが運行を始めました。
土・休日ダイヤは固定運用で、国際興業バス公式サイトで公開されました。

高麗川には、飯12系統・朝7時13分発の運用に就きますので、これを狙いました。


9501-1.jpg
白地(正式にはライトパープル)にマルーンのツートン。国際興業バス発足時の昭和25年当時のカラーリングとのこと。







9501-2.jpg
高麗川止まりの飯12系統は、この1往復のみ(のはず)。日中は、毛呂山の埼玉医大まで足を伸ばします。








9501-3.jpg
國際興業バスのロゴに拘りが。








9501-4.jpg
ちこっとうん蓄。
復刻旧塗装車は、9501という番号の平成12年式いすゞキュービック。キューの最終生産車。
平成12年式ワンステップキュービック車は国際興業バス唯一。以前からバスヲタに注目されていた車両です。

元江ノ電バスで、車内シートモケットは江ノ電時代のまま。
江ノ電時代は、黒煙フィルター装置の不具合により、充分な活躍が得られないままメーカーへ返されました。

江ノ電-メーカー経由で譲渡-鳩ヶ谷-池袋(貸切)-飯能(乗合に再登録)と異端な履歴を持つクルマです。
池袋時代は特送車両(競輪とか競艇開催日のシャトル運用)として予備的な存在でしたので、このまま廃車かと思われましたが、今年5月になって飯能営業所へ電撃移籍。詳しくは分かりませんが飯能が排出ガス規制対象外地域という事情もあるようです。
このバスにリバイバル塗装を施すとは、バス会社も人気ある希少なバスというサービス精神があったのでしょうね。



9055.jpg
飯能営業所で活躍していた9055車。12月1日に、さいたま東営業所のバスまつりで試乗車として出張。
いろいろ調べてみると、そのあとすぐに除籍となった模様です。
うーむ、また見られるからいいやなんて、テキトーにしか撮らなかったなぁ・・・
バスは電車みたく、さよなら運転ヘッドマークとか掲出しないのですよ。いきなり忽然と居なくなってしまうんです。
気が付くと、国際興業に在籍するいすゞキュービックは、復刻旧塗装の9501車のみに・・・


e-saitama.jpg
エルガ王国民の中にキューが一匹混じります。くいず。さてキューはどこにいるでしょう?
そう考えると、飯能営業所って特異な存在なんだなぁ。







yamano-susume0701.jpg
飯能営業所には、もう一匹話題のクルマ。ヤマノススメ号。
大洗に比べたら、ちょっとおとなしめのラッピングですが、これはこれでアリかと。





yamano-susume0702.jpg
ヤマノススメ号も公式サイトで運用公開されています。
運用公開はバスと同じく忽然と消滅しますから、興味ある方はお早めに。





yamano-susume0703.jpg







janik1.jpg
飯能営業所車庫を覗いてみました。ジャーニーKというワンステ昇降窓車。キューと比較して短めのバスです。
2064・2065の2匹確認。型式はKC-LR333J改。平成10年車です。
首都近辺では昇降窓車自体が希少になって来ましたね。






おまけ
kkk-jihanki.jpg
ご当地自販機シリーズ国際興業バスカラー。自販機2匹+ポストでワンセットってのがニクイっす。


最後までお付き合いいただきありがとうございました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

kiha35

Author:kiha35
ご訪問ありがとうございます!
kiha35と申します。
鉄道写真や鉄道模型を楽しむも、金欠が祟って出不精に陥る超マイペースなB型。
日々多忙で疲れたあなたに、ちょっとオトナ向けの一服ブログです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

Youchoの鉄道&自転車ブログ
最新トラックバック
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。