スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なつまち連 こもろドカンショ 2013

アニメ「あの夏で待ってる」にすっかりハマってます。しかも1年遅れで。
聖地小諸では、8月第一土曜は「こもろドカンショ」の日
アニメ歌手として大御所の水木一郎さんの唄に合わせて踊りをしながら町を練り歩く、いわゆる盆踊り大会です

小諸市をはじめ、商工会議所・観光協会などが我々巡礼者のために設立してくれた「なつまちおもてなしプロジェクト」では、こもろドカンショ参加者をネットを通じて募りました。
嗚呼、現実逃避して思いっきりハジけたい!と思い、応募しました。
地元とか顔見知りがいると、なかなかハジけられないってのも計算にありましたねぇ。


IMG_3598.jpg
6月の社員旅行以来、再び軽井沢です。
思えば、あの時ホームに停まっていた列車が痛電じゃなかったら、来ることは無かったでしょうね。





IMG_3604.jpg
ついこの間引退した169系一匹置かれていました。3月になつまち特別列車として運行された車両です。
線路は本線と途切れているので、保存されるのでしょう。
解体せず、遺しておくという方針を示してくれた、しなの鉄道の心意気にファンとして感謝ですね。







IMG_3614.jpg
軽井沢から乗った電車は、小諸止まり。長野方面のお客さんは2両ワンマン車に乗り換えます。






IMG_3618.jpg
改札横には、特大りのん!
7月に行われたこもろ市民祭りの「りのんみこし」の本体?が展示されています。
これを担いで町を練り歩いたんですから、目立ちますね。
展示は、カードラリー開催期間の10月31日まで。








IMG_3629.jpg
小諸駅構内のショウウィンドウには、いろいろなグッズの紹介。
なつまち関連の記念切符、フリー切符があります。
フリー切符は、軽井沢-小諸間乗り降り自由。ですが、小諸駅での発売のみ。軽井沢駅でも売って欲しいな。







IMG_3630-2.jpg
広い改札前のコンコース。かつて信越本線として要の駅だった名残でしょうか・・・
特急あさまが発着し、大勢の客が行き来した場所かと思うと、ちょっと淋しいですね・・・






IMG_3642.jpg
それでも町の中心として立地している駅なので、第一印象、駅前はそれほど寂れた雰囲気はありません。







IMG_3640.jpg
駅を降りてロータリーを左に少し歩くと、観光案内所があります。正しくは小諸観光交流館。
建物が城下町っぽいですね。明治後期頃に建てられたものだそうですよ。






IMG_3631.jpg
我々巡礼者は、駅出てすぐに左に行きましょう。芝生の広場をしばらく進むと、口なしりのんがいます。
口にさぁ、顔を入れて撮るんでしょ?どうよ?





IMG_3632.jpg
口なしりのんを通り過ぎると、小諸宿・旧本陣[本陣主屋]があります。
観光協会のHPによると、小諸宿を通る参勤交代の大名などが休泊した建物を忠実に移築再現とあります。
中へ入ると・・・





IMG_3637.jpg
我ら巡礼者の活動拠点となる、「なつまちおもてなしサロン」があります。
初めて小諸へ巡礼に行く方は、まずここを訪れるのが良いでしょう。

IMG_3635.jpg IMG_3636.jpg
スペースは狭いのですが、なつまちアイテムがびっしり。
土・休日はサロンに案内の方がいて、情報交換が出来ます。
カードラリーや聖地巡礼のパンフもゲット出来ます。






さあ、何して楽しむ?カードラリー?聖地巡礼?
とりあえず、お土産にお布施を・・・

IMG_3644.jpg
駅前に戻り、「みやさか」さんにぶらり入ります。
入り口は開放感があって、入りやすいです。ありがたい事にカードラリー参加店です。

IMG_3643.jpg
なつまちグッズコーナーを撮らせてもらいました。
一部絶版のレアアイテムが多いですが、柑菜の手拭い欲しいなぁと思い聞いてみたら、中棚荘という旅館にあるそうです。カードラリーに参加しているので、購入すればカードゲット。でも歩きだとチト遠い・・・またの機会に。
イチカバージョンの手拭いは、駅近くのグランドキャッスルホテルにあるとのことで、そこで購入しました。



今日は、手広く一石三鳥で行きますよ。
カードラリー、聖地巡礼、そしてドカンショ踊り!


では、聖地巡礼を歩ける範囲でまわりましょう。
以下紹介は、本編を見た人じゃないと楽しめませんが・・・

IMG_3645.jpg
10話、柑菜のお見舞いへ行く美桜と哲朗がばったり会うシーン。アーケードが撤去されたようです。

IMG_3646-2.jpg
OPで檸檬が振り向くシーン。

IMG_3647.jpg
1話、柑菜と海人の姉・七海が出会うシーン。

IMG_3649.jpg
OPの皆で撮影しているシーン。

IMG_3650.jpg
12話、柑菜が振り向くシーン。ポストカードにもなっています。

IMG_3651.jpg
12話、哲朗、美桜、柑菜がベンチに座っているシーン。ポストカードにもなっています。

IMG_3654-2.jpg
10話、哲朗が柑菜を呼び出し、告白するシーンの冒頭部分。

IMG_3656-2.jpg
ここは、OPの哲朗のシーンでも出てきます。

IMG_3658.jpg
「お前とカイがうまくいけばいいと思ってた!」
「好きな女の子振り回して挙句泣かせて・・・なんも出来ねーで!」
哲朗が柑菜に告白しますね。
9話の柑菜とイチカのシーンも大好きですが、10話の柑菜に告白するまでの哲朗の心模様がとても好きです。

IMG_3666.jpg
みはらし庭は、OPのシーンにも出てきます。りのんとバケツ・スイカアイテムは貸してもらえますよ。
ちょっとしぼんでましたが、「口につけて膨らませる勇気があればどうぞ( ̄ー ̄)ニヤリッ」・・・汗
「こころより遠慮します」

IMG_3669.jpg
みはらし庭と隣接して、ほんまち町屋館があります。
昭和40年代まで味噌・醤油の醸造業を営んでいた旧清水屋を整備して公開しているそうです。

IMG_3659.jpg
おぉ!こ、これはっ・・・コレはー!!トロッコレール!
入り口から、みはらし庭までトロッコのレール跡!何て素晴らしい。これだからやめられん(何をだ?)
みはらし庭は、かつて倉庫だったそうです。残念ながらトロッコ本体は現存しません。

IMG_3652.jpg
8話、そば七の前を柑菜と哲朗が通るシーン。
「海人君もなんか変わった・・・分かっちゃうんだァ・・・」




IMG_3670.jpg
ん?このそば屋、カードラリー参加店かぁ。
「ぐぅ」ハラ減った。入ろう。

IMG_3671.jpg
この絵、しゅてきっ!

IMG_3672.jpg IMG_3673.jpg
しゅてきっ!

IMG_3676.jpg
テーブルには、カードラリー参加者用におもてなしが。
どれもしゅてきー!






IMG_3679.jpg
腹ごしらえしたところで、もう少し歩こう。
ここは10話、柑菜が落ち込んでいる様子を見に行った哲朗が追い出されて帰るシーン。
哲朗が心の葛藤を感じ始めているところ。

IMG_3681.jpg
脱線。
なつまち本編には登場しませんが、小諸宿・本陣問屋(国重要文化財)があります。宿泊者などの荷物の請け渡しを行う施設だったそうです。現存する問屋場建築は全国に僅か2棟だそうです。
すごい存在感ある建物だと思って撮ったら、そんな貴重な施設だったとは。

IMG_3683.jpg
OPの柑菜が海人のシャツを直しているシーン。

IMG_3682.jpg
9話、イチカが宇宙船で正体を告白した後、リンケージでみんながジャンプしてきたシーン。





IMG_3688.jpg
線路際を歩いていると、ちょうど電車が通過。
いい空でしょ?夕方の空がまた格別でしたよ。




と、まぁ、ここまで来て歩き疲れました。ぐるっと市内を1周したかたちです。
懐古園にも行きたかったのですが、ちょっともう歩けない。夜のお祭りに体力とっておかないと・・・
小諸へ来て懐古園行かないって、何しに来たの?ってフツーの人は思うでしょうねぇ・・・






IMG_3699.jpg
なつまち連のドカンショ集合会場へ行き、手続きをしてからみんなで振り付けの練習です。
スタッフ含め、総勢80名!
みんな、なつまち好きの人たちです。参加している方々と話をすると、僕も含めて東京近辺が多いこと(笑
バーナビー・ブルックスJr.好きで有名な某国営放送長野局のアナが、お忍びで哲朗コス参加とか(笑 いや、コスだから目立ってるんですけど。
でも、そういうのひっくるめて何でもアリ。みんなひとつになって踊ろう。


IMG_3697.jpg
イチカ先輩撮らせてもらいました。
ドカンショ参戦・・・すごい冒険のような気がします。



残念ながら、踊っているところは撮っていませんで・・・ケータイもキャメラも置いてっちゃったよー・・・スミマセン
そうだ。なつまち連有志の方に撮っていただいた画像を貼っとこ。
dokansyo1.jpg
メールで送ってくれてありがとう

kim2.jpg
1曲終わるごとに、いつの間にかみんな集まってサイリウムを高く掲げて盛り上がります!気分は最高潮。

kim1.jpg
最後のアンコールも終わり、みんなの気持ちが頂点に達します!うおおおぉぉぉー!お疲れーーー!!

kim3.jpg
ドカンショ終了後の表彰式は、なつまち連、なんと賞をいただきました!表彰は初とのことです。嬉しいですね。
ってか、審査があったとは。


しんげんもちさん画像提供ありがとう。




祭りも終わり、ぞろぞろと余韻に浸りながら集合会場へ戻り、みんなで記念撮影しました。
なつまちおもてなしプロジェクトのホームページに掲載されています。





IMG_3702.jpg

IMG_3704.jpg
さて、打ち上げの余韻に浸る暇も無く、慌しく帰り支度をして駅へ向かいます。
痛電ラッピング電車がお見送り。
軽井沢から最終の新幹線に乗って帰りました。






IMG_3724.jpg
お土産の数々・・・

IMG_3721.jpg
カードラリーは、たった3店舗。全部で29店舗もあるんですよ。
左のしおりは、駅前の「みやさか」さんで買い物するともらえます。

IMG_3717.jpg
カードラリーのパンフ。参加店が多いので3つのグループに分けて、それぞれ景品がつきます。

IMG_3712.jpg
なつまち舞台探訪マップ。聖地巡礼に大変便利。本陣主屋のなつまちサロンでもらえます。

IMG_3725.jpg
小諸ドカンショなつまち連オリジナルうちわ。


ドカンショ楽しかったぁ!
夕方の暮れて行く夏空と、オレンジに染まる町並みがとても印象的でした。

踊っている最中は、完璧に現実を忘れていました。踊るみんなとの一体感のみ。
みんなの心はひとつ。なつまちが大好き!
スタッフの皆さんも今まで準備も含めて大変お疲れ様でした。ありがとうございました。
参加した皆さん、楽しかったありがとう!


新幹線で帰る途中、その速さと比例するように、急速に現実に引き戻されるような、たまらなく寂寥感が心を覆いました。
来年のドカンショは絶対泊まりだ。




最後までご覧いただきありがとうございました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Re: こちらで初めまして!

コメントありがとうございます!
ドカンショ本当お疲れ様でした。
とっても楽しかったですね。いやぁ、あんなに楽しかったの久しぶりです。

> 記事を「へぇ~」とじっくり眺めて
本当に行ったんかい!(笑

> ヲタ臭全開の駄ブログ
いえいえ。とっても楽しく拝見しましたよ。
小諸の良さが全開で伝わってきました。
こういう見方もあるんだなーって勉強になります。

地元の皆さんは、気さくな方が多くて良かったですよね。
小諸へ行って肌で感じるって、聖地巡礼の醍醐味ですね。
いろんなご当地アイテムもゲット出来て・・・
っていうか、しんげんもちさんポスター何本買ったの!?
勢いが違うなー。しんげんもちさんからもパワーもらえそうな気がします。

また来て下さいね!

こちらで初めまして!

先程は、というか先日のドカンショお疲れ様でしたっ。

なんと素敵なブログでしょう、私のヲタ臭全開の駄ブログとは雲泥の差・・・しかも小諸市内の様子なんかも詳しく紹介されていますね。私自身、kiha35さんの記事を「へぇ~」とじっくり眺めてしまいました、本当に行ったんかいって感じでwww

ちょっとカードラリーに力を入れすぎたのか私たちは聖地巡礼をほとんどしていないので次行った時は必ずっ!

今後もちょくちょくお邪魔させて頂きますので宜しくお願いしまーす(-^〇^-)

Re: 来訪感謝

オコジョさまこんばんは。
ブログ遊びに来ていただきありがとうございます。
小諸は、とっても良いところですね。きれいな空です。
カードラリー、Bコース制覇狙ってまた行こうと思います。
中棚荘はCコースなんですが、手拭いが欲しいので行くつもりです。

地元の皆さん親切にしてくださって、とても嬉しかったですよ。

来訪感謝

小諸の町にようこそ・・・
忙しいた旅だったようですね。
お疲れ様でした。

駅の「りのんみこし」は、祇園出町を練った本体です。

今日は中棚荘辺りまで散歩に行きました。
小諸のたくさんの場所が「なつまち」に描かれているようですね。
またの来訪をお待ちしています。
カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

kiha35

Author:kiha35
ご訪問ありがとうございます!
kiha35と申します。
鉄道写真や鉄道模型を楽しむも、金欠が祟って出不精に陥る超マイペースなB型。
日々多忙で疲れたあなたに、ちょっとオトナ向けの一服ブログです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

Youchoの鉄道&自転車ブログ
最新トラックバック
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。